来週の株式相場に向けて=再び日経平均3万円台に挑む

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/04/02 17:43
来週の株式相場に向けて=再び日経平均3万円台に挑む  今週の日経平均株価は3月18日以来となる2万9800円台を回復。来週は再び3万円台に挑戦することになる。

 株価上昇の原動力は、最高値圏にあるNYダウなど米国市場の堅調さだ。1日に発表された米3月ISM製造業景況感指数は1983年以来の高水準となったが、その一方で米長期債利回りは低下した。

 とりわけ、半導体セクターが好調だ。米フィラデルフィア半導体指数は最高値圏にあるが、特に東京市場への寄与度は大きい。市場の関心を集めているのは、米国企業が日本のキオクシアホールディングスの買収を検討していると報じたことだ。キオクシアは昨年8月にIPOを決議したが、その後延期している。仮条件の段階での時価総額の上限は1兆8000億円前後。しかし、買収に際して300億ドル(約3兆3000億円)規模と評価されたという。単純化すれば、この半年強での評価は8割近く高まったともみることができる。キオクシアには個別要因があるとしても、半導体関連株には再評価余地が膨らんでいる。

 また、3月の日銀短観では生産用機械の業況判断指数(DI)が急回復した。設備投資回復でファナック<6954.T>やキーエンス<6861.T>のような機械株には追い風が吹く。来週は9日に安川電機<6506.T>の決算発表があるが、東京エレクトロン<8035.T>やファナックのような日経平均寄与度の高い値がさ電機・機械株の上昇が続けば、日経平均株価は3万円が期待できそうだ。

 来週からは4月IPOがスタートする。5日には東証マザーズにオキサイド<6521.T>が上場する。同社は光学単結晶分野の大手でレーザーや半導体検査装置などに絡み、経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選ばれたこともある。市場では人気化が期待されている。また、6日にはジャスダックにセルム<7367.T>、7日に東証2部に表示灯<7368.T>、同日にジャスダックにファブリカコミュニケーションズ<4193.T>、8日にジャスダックにアイスコ<7698.T>が新規上場する。

 更に、来週は5日にしまむら<8227.T>やキユーピー<2809.T>、8日にファーストリテイリング<9983.T>やセブン&アイ・ホールディングス<3382.T>などが決算を予定している。海外では5日に米3月ISM非製造業景況感指数、7日に3月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。来週の日経平均株価の予想レンジは2万9300~3万200円。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
29,188.17
(15:15)
+679.61
(+2.38%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.8 41.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介