東京為替:具体的なドル売り材料不足でドル・円は下げ渋る可能性

配信元:フィスコ
投稿:2021/02/24 10:20
24日午前の東京市場でドル・円は、105円30銭台で推移。日経平均は3万円台を回復したが、前日比プラス圏への浮上は期待できないとの見方が多い。ただし、具体的なドル売り材料は増えていないことから、ドル・円は105円台前半で下げ渋る可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円19銭から105円42銭で推移、ユーロ・円は127円77銭から128円13銭で推移、ユーロ・ドルは1.2143ドルから1.2158ドルで推移している。

・NY原油先物(時間外取引):高値61.46ドル 安値61.16ドル 直近61.22ドル

【売買要因】
・米追加経済対策案成立への期待持続
・米長期金利の上昇
・米増税観測


<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

49.9 50.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介