◎〔東京外為〕ドル、105円台前半=米金利上昇の一服で下落(24日午前9時)

配信元:時事通信社
投稿:2021/02/24 09:08
 24日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の上昇一服が圧迫材料となり、1ドル=105円台前半に下落している。午前9時現在、1ドル=105円29〜29銭と前営業日(午後5時、105円80〜80銭)比51銭のドル安・円高。
 日本が休みとなった前日の海外市場では、米長期金利の上昇が一服してドル円は売りが優勢となり、いったん105円割れとなった。ただ、同水準では「押し目買いが強かった」(FX業者)ことから下げ渋り、欧米時間に入って戻り歩調となった。米国時間の終盤は105円20〜30銭台で推移し、東京時間の早朝も同水準となっている。
 22日に米長期金利は上昇基調となり、1.4%に接近した。その後、パウエルFRB議長が議会証言で緩和政策の長期化を強調したことで「現状では米長期金利は上げ一服となり、ドル円も上値が重くなっている」(大手邦銀)という。もっとも、「金利の水準自体は高く、ドル円も売りが強まるほどでもない」(同)ため、目先は105円台前半を中心に「米金利の動向を眺めながら値固めする局面になるのではないか」(同)とみられる。
 ユーロは対円は小安い、対ドルは上昇。午前9時現在、1ユーロ=127円94〜94銭(前営業日午後5時、128円12〜12銭)、対ドルでは1.2150〜2150ドル(同1.2110〜2110ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.4 22.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介