半導体関連株一角には買い バイデン大統領が大統領令に署名する見通し=米国株個別

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/02/24 05:52
 IT・ハイテク株は調整色を強めているものの、マイクロンやアプライド、インテルなど半導体関連株の一角には買いが入っている。バイデン大統領はきょうホワイトハウスで、世界的な半導体不足を協議するため、超党派の議員団を招いたと伝わっている。半導体不足は米国で一部の自動車生産の障害となっている。バイデン大統領は半導体やその他重要な部材のサプライチェーンを強化する大統領令に署名する見通しだと伝わっている。

(NY時間15:41)
インテル 61.31(+0.60 +0.99%)
アプライド 116.69(+1.46 +1.26%)
マイクロン 88.99(+2.71 +3.14%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

64.6 35.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介