◎〔ロンドン金属〕銅急伸、9000ドル台(22日午後5時現在)

配信元:時事通信社
投稿:2021/02/23 08:42
 22日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、2011年以来となる9000ドル台に急伸した。供給制約への懸念が価格上昇を後押しした。他の産業用金属も軒並み上昇し、ニッケルは14年以来となる2万ドル台に乗せた。
 銅3カ月物は前週末同時点比1.6%高のトン当たり9075.50ドル。一時は9269.50ドルを付けた。
 最大の消費国である中国が春節休暇から明けたことで、銅価格は約7%上昇。年初からの上げ幅は16%となっている。20年は26%上昇していた。
 ただ、サクソバンクのアナリスト、オーレ・ハンセン氏は、取引時間中の高値を維持できなかったのは、上昇相場が天井を付けたかもしれないことを示唆していると指摘した。
 テクニカルな指標は銅が買われすぎであることを示し、投資家たちには慎重姿勢が広がっている。米国債の利回り急上昇が、株価を引き下げる可能性があると懸念しているためだ。ハンセン氏は「この水準では売り手もいるだろう」と述べた。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.3 41.7
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介