◎〔ロンドン外為〕円、105円台半ば(22日正午)

配信元:時事通信社
投稿:2021/02/22 21:11
 【ロンドン時事】週明け22日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、持ち高調整の中を1ドル=105円台半ばから後半で推移した。正午現在は105円50〜60銭と、前週末午後4時(105円60〜70銭)比10銭の円高・ドル安。
 米長期金利の上昇を背景に、東京市場終盤から欧州朝方にかけてドル買い・円売りが進行。円は一時105円85銭近辺に水準を切り下げた。ロンドンの序盤はこの流れを引き継いだが、ドルが対ユーロで売り越されるようになると、円も対ドルで105円50銭台に切り返した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2135〜2145ドル(1.2125〜2135ドル)。欧州連合(EU)ユーロ圏主要国ドイツのIFO経済研究所が発表した2月の独企業景況感指数が92.4と市場予想を上振れしたことで、市場のセンチメントが好転し、ユーロ買いが優勢となった。ただ、ドイツのほかフランス、イタリア、スペインなどユーロ圏主要国の株価指数は軟調。
 ユーロは対円では1ユーロ=128円05〜15銭(128円05〜15銭)。
 ポンドは1ポンド=1.4020〜4030ドル(1.4010〜4020ドル)。欧州朝方に一時1.4ポンドを割り込んだが、ドル安を受けて持ち直した。東京市場では2018年4月以来3年弱ぶり高値圏の1.4050ドル近辺まで買われる場面もあった。対円でも同148円近辺と、19年3月以来約2年ぶり高値圏。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.8975〜8985フラン(0.8945〜8955フラン)(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.8 19.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介