ベイカー・ヒューズは弱い決算も底打ちの兆しを示す=米国株個別

著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/01/22 00:30
 石油・天然ガス施設サービスのベイカー・ヒューズが10-12月期決算(第4四半期)を発表しており、売上高は予想範囲内だったものの、1株損益は予想外の赤字となった。主力の施設サービスの売上高が31%の減収となった。

 しかし同社は、「エネルギー業界の過去数十年で最悪の不況が、今年は一転する」と語ったことが好感されている。先日のハリバートンも同様の見方を示していた。マクロ環境が改善するに連れて、設備投資と活動レベルが年間を通じて勢いを増すと見込んでおり、「2022年には業界がより強力な成長を遂げる可能性が高い」と述べた。

 株価は買い先行で始まったものの、その後は前日付近に伸び悩んでいる。

(10-12月・第4四半期)
・1株利益(調整後):-0.07ドル(予想:0.17ドル)
・売上高:55億ドル(予想:54.3億ドル)

(NY時間10:19)
ベーカー・ヒューズ 23.03(+0.14 +0.61%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶ(FX/為替)から転載しています。

配信元: みんかぶ(FX/為替)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.7 42.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介