◎〔ロンドン金属〕銅、8年ぶり高値近辺=中国コロナ感染拡大など重し(14日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2021/01/14 22:11
 欧州時間14日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、1トン=8000ドル近辺を行き来する展開。外国為替市場でのドル高に加え、世界最大の金属消費国である中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、8年ぶりの高値へと押し上げていた市場の自信が崩れた形だ。
 LMEの銅3カ月物は1157GMT(日本時間午後8時57分)時点で0.1%高の8018ドル。先週は2013年2月以来の高値となる8238ドルを付けていた。
 中国での工業生産の活況具合や、今後の一段高を見込んだ投機的な買いを受け、銅価格は昨年26%上昇した。ただ、INGのアナリストは「最近のドル高が銅の上値を抑えている」と指摘した。
 同アナリストによると、トレーダーは中国の銅需要が弱まる兆候に注目しており、それはこの時期に例年よりも急速に在庫が積み上がることによって示されるという。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.5 20.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介