東京為替:1ドル103円90銭台、半導体関連銘柄が急落

配信元:フィスコ
投稿:2021/01/14 14:32
午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円90銭台で推移。東京市場が半導体関連銘柄を中心に下落し、日経平均が上げ幅を急速に縮小していることで、リスクオフムードが高まり、若干円高方向に推移しているようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が226.80円高と大幅に上げ幅を縮小している。後場に入り、半導体関連銘柄が急落する流れとなっており、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>やソフトバンクG<9984>は依然として大幅高してるものの、投資家のリスクセンチメントが弱まってきているようだ。

<FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
91,820.0
(01/22)
-50.0
(-0.05%)
8,800.0
(01/22)
-146.0
(-1.63%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

67.4 32.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介