◎〔東京外為〕ドル、103円台後半=ユーロ安受け小幅高(14日午前9時)

配信元:時事通信社
投稿:2021/01/14 09:08
 14日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、対ユーロでのドル買いに支援され、1ドル=103円台後半で小幅高となっている。午前9時現在、103円82〜86銭と前日(午後5時、103円69〜69銭)比13銭のドル高・円安。
 前日の欧州時間は、ユーロ安・ドル高を眺めながらじり高となり、一時103円90銭前後に上昇した。ただ、その後は上げ一服となり、米国時間は103円80〜90銭前後を中心とするレンジ圏にとどまった。この日の東京時間早朝は103円85〜90銭前後で推移している。
 前日の米国時間に米長期金利は低下したが、「ドル円には大きく響かなかった」(FX業者)という。ユーロが対円、対ドルで売られる中、「ユーロドルの下げがやや先行したことが、ドル円の支援要因になった」(大手邦銀)とされる。ドル円のペアでは「特段の材料に乏しく、目先はバイデン政権の経済政策発表やパウエルFRB議長の討論会参加などを控え、様子見ムードが強まるのではないか」(同)とみられている。
 ユーロは対円、対ドルともに下落。午前9時現在、1ユーロ=126円28〜29銭(前日午後5時、126円53〜54銭)、対ドルでは1.2162〜2162ドル(同1.2203〜2203ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

44.1 55.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介