自律制御シ研は反発、超高解像度カメラ搭載のインフラ点検用ドローンを提供開始

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/11/20 10:49
 自律制御システム研究所<6232.T>は反発している。19日の取引終了後、1億画素の超高解像度カメラを搭載したインフラ点検用ドローンの提供を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 今回提供を開始したインフラ点検用ドローンは、中判デジタルカメラとイメージングソリューションを展開するPhase One(長野県佐久市)の超高解像度カメラ「iXM シリーズ」を搭載。超高解像度の空撮により広い範囲を短時間で撮影し、空中写真測量の効率化が図れるほか、接近困難なインフラ構造物を離れた位置から全体像を捉えつつ、一部分を拡大し精細に確認することを可能にしたのが特徴という。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,731.0
(11/27)
+7.0
(+0.26%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

76.3 23.7
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介