◎〔東京外為〕ドル、103円台後半=強弱材料交錯で小動き(20日午前9時)

配信元:時事通信社
投稿:2020/11/20 09:05
 20日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、強弱材料が交錯する中、1ドル=103円台後半で小動きとなっている。午前9時現在、103円80〜81銭と前日(午後5時、103円83〜83銭)比03銭の小幅ドル安・円高。
 前日の海外市場では、欧州時間はワクチン開発への期待感から104円台前半に浮上したが、米国時間は米金利の低下を眺めて反落した。ただ、終盤は米株がプラス圏に転換したことに支援され、103円70銭台で下げ渋った。東京時間の早朝も同水準で推移している。
 前日は、英製薬大手アストラゼネカが開発中のワクチンで有効な試験結果が得られたことが報じられた。ただ、開発が相次ぐワクチンへの期待感はあるが、「増加するコロナ感染者を抑え込むため、再び経済活動が冷え込むことへの懸念も強い」(大手邦銀)とされ、ワクチン期待と感染増加の強弱材料がせめぎ合い、「目先は方向感が出にくい」(同)と指摘される。また、3連休を控えていることも「動意を乏しくする」(FX業者)との声も聞かれた。
 ユーロは対円、対ドルで小高い。午前9時現在、1ユーロ=123円18〜18銭(前日午後5時、122円99〜123円00銭)、対ドルでは1.1864〜1867ドル(同1.1844〜1845ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

73.3 26.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介