○〔米株式〕NYダウ、反発=追加景気対策に期待(19日)☆差替

配信元:時事通信社
投稿:2020/11/20 06:49
 【ニューヨーク時事】19日のニューヨーク株式相場は、米追加経済対策への期待感が浮上する中、反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比44.81ドル高の2万9483.23ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は103.11ポイント高の1万1904.71で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1億0184万株減の9億3656万株。
 米メディアによると、米民主党のシューマー上院院内総務はこの日、追加経済対策法案の協議再開をめぐり、共和党のマコネル上院院内総務が同意したと述べた。午後のこの報道が支援材料となり、午前から軟調だったダウはプラス圏に浮上。ただ、新型コロナの感染拡大や対策強化が景気に及ぼす影響への懸念から上値は重かった。
 米ジョンズ・ホプキンス大によれば、新型コロナによる米国の死者が18日、25万人を突破。米国は感染者数、死者数ともに世界最多で感染が再拡大している。
 朝方発表された最新週の新規失業保険申請件数は前週比3万1000件増の74万2000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の70万7000件を上回り、雇用情勢をめぐる懸念が強まった。
 市場では「コロナの感染拡大、アストラゼネカのニュースはあったが、特段大きな材料はなかった。コロナの状況悪化とワクチン期待の綱引きで相場は上がったり、下がったりしている。この日もその延長線上だった」(日系証券)との声が聞かれた。
 個別銘柄では、セールスフォース・ドットコムが2.9%高と、ダウ構成銘柄では上昇率首位。ウォルマートが2.0%高、この日決算を発表したメーシーズは2.1%高。アップルは0.5%高。金融株のゴールドマン・サックスが0.1%高、JPモルガン・チェースは0.3%高。一方、ユナイテッドヘルス・グループは2.2%安。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

62.5 37.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介