◎〔NY外為〕円、104円近辺(19日朝)

配信元:時事通信社
投稿:2020/11/19 23:32
 【ニューヨーク時事】19日午前のニューヨーク外国為替市場では、新型コロナウイルスワクチンの開発進展期待と感染拡大懸念が交錯する中、円相場は1ドル=104円近辺で小動きとなっている。午前9時現在は104円00〜10銭と前日午後5時(103円73〜83銭)比27銭の円安・ドル高。
 英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発中の新型コロナワクチンが中間段階の臨床試験(治験)で高齢者にも大きな効果があり、安全性も確認されたことが明らかになった。ワクチン開発進展への期待を受けて、安全資産としての円は早朝から売られた。ただ、欧米に加え日本でも新型コロナ感染の再拡大に歯止めがかからず、警戒感が根強いことから、円の下値は底堅い。
 米フィラデルフィア連銀が朝方発表した10月の地区製造業景況指数は総合で26.3と、前月32.3から低下。一方、指数は市場予想(ロイター通信調べ)の22.0を上回り、まちまちの内容となったため、影響は限定的だった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1825〜1835ドル(前日午後5時は1.1848〜1858ドル)、対円では同123円00〜10銭(同122円97銭〜123円07銭)と、03銭の円安・ユーロ高。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.9 38.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介