米大統領選翌日11月4日時点でドル円が105円超の確率は64.5%に低下

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/17 08:50
 米大統領選翌日11月4日時点で、ドル円が105円を上回っている確率は64.2%(先週末67.7%)、下回っている確率は35.8%(先週末32.3%)となっている。オプション取引から算出。今週のドル円は一時105円割れを試したこともあり、投資家は下落リスクへの意識をやや強めたことが示されている。

 今週は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がワクチンの臨床試験の中断を発表したことで、ワクチンの早期開発への期待が後退していたほか、依然として米追加経済対策の協議に出口が見えず、ムニューシン米財務長官の「大統領選前に何かを成し遂げるのは難しい」との発言もあり、市場は早期合意への期待感を後退させていた。

 市場のモメンタムが低下する中、ドル円は下値を試した格好となったが、ドルと円が同じ方向に動いている中で、ショート勢も105円割れでの押し目買いを警戒したのか、下値を攻めきれずに105円台を堅持している。

 11月3日の米大統領選に向けて105円割れの可能性は十分に留意される状況に変化はないが、105円を割り込んだとしても、下値での押し目買いが活発に出ることも期待され、少なくとも100円に向かって一気に進むような悲観的なムードまではない。

◆米大統領選翌日11月4日時点でのドル円の各ポイントの確率
108.00円超:3.8%(8.1%) ()は先週末  
107.00円超:13.6%(20.2%)
106.00円超:36.0(42.9%)
105.40円(週末終値)
105.00円超:64.5%(67.7%)
105.00円未満:35.5%(32.3%)
104.00円未満:16.8%(16.6%)
103.00円未満:7.8%(8.8%) 

◆12月31日時点でのドル円の各ポイントの確率
108.00円超:20.0%(23.9%)   
107.00円超:31.7(35.6%)
106.00円超:45.8(48.9%)
105.40円(週末終値)
105.00円超:59.7(61.7%)
105.00円未満:40.3(38.3%)
104.00円未満:28.7%(27.9%)
103.00円未満:20.3%(20.3%) 

※ドル円のオプション取引から算出

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

49.8 50.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介