◎〔国際金属展望〕銅需要、中国とそれ以外の二極化鮮明(16日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/10/17 08:25
 【ロンドン時事】今週のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、9月下旬に付けた直近の高値をうかがいながらも上値が重かった。最大消費国の中国で力強い需要が見込まれる一方、欧州の新型コロナウイルスの感染急増などが圧迫要因となった。中国とそれ以外の地域の二極化が鮮明となり、銅はほぼ横ばいだった。
 オアンダのクレイグ・アーラム氏は「二つのストーリーが台頭している。好調な中国と悲惨なそれ以外の地域だ」と指摘。それでも世界的な景気対策のためのインフラ投資などを背景に、銅の需要は底堅いと見込んでいる。
 サクデン・フィナンシャルのジョーディー・ウィルクス氏も「中国が需要の大半を占めるとはいえ、それ以外の地域の需要は不透明感がかなり強い」との見方を示す。CMCマーケッツのマイケル・ヒューソン氏も「中国が非常に好調のためか、銅が今年の最高値に接近している事実に勇気づけられる」と述べた。
 来週は19日に中国の7〜9月期国内総生産(GDP)の発表がある。9月の中国の鉱工業生産なども予定され、相場を大きく左右しそうだ。
 月末にかけて各国の7〜9月期GDPの発表が予定されており、新型コロナからの回復状況の確認が注目を集める。米大統領選も最終盤に入る見通しだ。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

55.6 44.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介