テラスカイ---2021年2月期の連結業績予想を上方修正、セールスフォースの導入・構築案件が堅調に推移

配信元:フィスコ
投稿:2020/10/16 17:53
テラスカイ<3915>は15日、2021年2月期連結業績予想の修正を発表。

売上高は前回発表予想比2.9%増の110.38億円、営業利益は同31.0%増の6.82億円、経常利益は同31.3%増の6.66億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同1.9%増の22.11億円にそれぞれ修正した。

セールスフォースの導入・構築案件が引き続き堅調に推移し、子会社のBeeXが行なうSAPがAWSやAzureなどクラウドにマイグレーションするビジネスが拡大したことにより、売上高及び各利益を上方修正した。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、今期進出予定としていたタイ国への進出計画が遅延し、見込んでいた経費支出が減少したことも影響している。


<ST>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
4,730.0
(11:08)
+25.0
(+0.53%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.9 21.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介