来週の株式相場に向けて=米大統領選、最後の直接対決へ視線集まる

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/16 17:36
来週の株式相場に向けて=米大統領選、最後の直接対決へ視線集まる  来週の株式市場は、米国大統領選が接近するなか膠着状態が続く可能性がありそうだ。そのなか、22日に予定されている共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン候補の最後の直接対決が関心を集めよう。日経平均株価の予想レンジは2万3200~2万3700円。

 今週の日経平均は209円(0.9%)安と2週間ぶりに下落した。売買代金は連日の2兆円割れとなるなか、メドレー<4480.T>や農業総合研究所<3541.T>、出前館<2484.T>といった中小型株への物色人気に沸いた。東証マザーズ指数は14日に18年1月のザラ場高値を更新したが、大手証券のテクニカルアナリストは9月末に日経500種平均が約30年ぶりに最高値を更新したことと併せ、「日本市場が2年半以上続いた調整が終わり、新たな上昇波動へ移行し始めていることを示唆するもの」と指摘。日経平均株価もいずれ追随して18年高値を上抜くと予想している。

 そんななか、大きな相場の転換ポイントとなるのが来月3日の米大統領選だ。各メディアはバイデン氏優勢を伝えている。しかし、16年の大統領選では3回目の討論会を境にトランプ氏の支持率は反転し、本番の勝利につなげたという。その意味で、22日のテレビ討論会の結果は要注目だといえる。

 また、19日に発表される中国7~9月期国内総生産(GDP)に対する関心も高い。「足もとの世界経済の牽引役は中国」(アナリスト)だけに、その結果に相場が左右されることも予想される。

 来週は20日のネットフリックスや21日のテスラ、ザイリンクス、22日のインテルといった米国企業の決算も注目されている。電気自動車(EV)のテスラの決算ではパナソニック<6752.T>、「5G」半導体のザイリンクスではアンリツ<6754.T>、インテルではイビデン<4062.T>といった銘柄への影響が予想される。日本企業の中間決算が本格化するのは、26日の週からだが、来週は22日にディスコ<6146.T>や中外製薬<4519.T>の決算が予定されている。
(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
23,485.80
(15:15)
-8.54
(-0.04%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.3 41.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介