東京株式(大引け)=96円安と続落、薄商いのなか上値の重い展開

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/16 15:46
東京株式(大引け)=96円安と続落、薄商いのなか上値の重い展開	 16日の東京株式市場で日経平均株価は続落。週末で積極的な売買は見送られるなか、上値の重い展開が続いた。

 大引けの日経平均株価は前日比96円60銭安の2万3410円63銭。東証1部の売買高概算は9億1758万株。売買代金概算は1兆8586億5300万円となった。値上がり銘柄数は469と全体の約21%、値下がり銘柄数は1632、変わらずは77銘柄だった。

 前日のNYダウは小幅に3日続落。欧州での新型コロナウイルス感染拡大や米国の追加経済対策への不透明感が売り要因となった。これを受け、東京市場は朝方値を下げて始まったが、売り一巡後は買いが流入し前場は小幅高で取引を終えた。ただ、後場に入り売りが優勢となるなか、一時120円を超える下落となる場面があった。米大統領選が接近し様子見姿勢も強まるなか、売買代金は連日の2兆円割れと低調だった。今期の最終利益が最高益となる見込みを発表したファーストリテイリング<9983.T>が上場来高値へ急伸したことが日経平均株価の下落幅縮小に寄与した。

 ソフトバンクグループ<9984.T>や富士フイルムホールディングス<4901.T>が高く、ダイキン工業<6367.T>やホンダ<7267.T>、アステラス製薬<4503.T>が値を上げた。出前館<2484.T>や農業総合研究所<3541.T>、グッドパッチ<7351.T>、セラク<6199.T>といった中小型材料株が買い人気となった。

 半面、ソニー<6758.T>や任天堂<7974.T>、トヨタ自動車<7203.T>が安く、武田薬品工業<4502.T>や村田製作所<6981.T>も軟調だった。東京エレクトロン<8035.T>やアドバンテスト<6857.T>、SCREENホールディングス<7735.T>といった半導体関連株が値を下げた。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
23,400.02
(11:04)
-85.77
(-0.37%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.9 21.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介