東エレクは8日ぶり反落、キオクシアの上場延期は懸念材料で東芝はウリ気配スタート◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/09/28 09:12
東エレクは8日ぶり反落、キオクシアの上場延期は懸念材料で東芝はウリ気配スタート◇  東京エレクトロン<8035.T>は利益確定売りに押され8日ぶりに反落。株価は前週末まで直近7営業日で2000円近い上昇をみせており、目先利益確定の売り圧力が観測される。前週末の米国株市場ではハイテク株中心に買いが入りNYダウなど主要株価指数は軒並み上昇したが、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も続伸しており、これが同社株にはポジティブ材料。ただ、10月6日に鳴り物入りでの新規上場が期待されていた半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス<6600.T>が、米中摩擦を背景とした中国通信機器大手ファーウェイへの製品出荷が困難となっていることなどを理由に上場を延期すると発表したことは、半導体関連株全般に逆風となる。特にキオクシアの株主である東芝<6502.T>は、上場時に株式売却による資金調達を予定していただけにその影響を受けやすい状況にあり、株価もウリ気配スタートで4日続落となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
6502
2,629.0
(10/30)
-66.0
(-2.45%)
27,900.0
(10/30)
-1,095.0
(-3.78%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

59.9 40.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介