◎〔商品・寄り付き見通し〕金、NY安受け反落=原油も小安い(28日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/28 07:18
 <日中取引寄り付き予想値>(午前7時現在、いずれも先ぎり、かっこ内は前営業日比) 金=6327円(15円安) 中東産(ドバイ)原油=2万8390円(50円安) 
 白金=2895円(20円安) 
 ※ニューヨーク・シカゴ相場と円相場を基に算出しています。変動があった場合、予想値が変わりますのでご注意ください。 

 <NY金・原油先物・株式市況> 
 ◆〔NY金〕反落=週末25日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル高を背景に売られ、反落した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比10.60ドル(0.56%)安の1オンス=1866.30ドル。
 ◆〔NY石油〕WTI、4日ぶり反落=ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、新型コロナウイルス感染再拡大などを背景としたエネルギー需要減速懸念が重しとなり、4日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値(終値に相当)は前日比0.06ドル(0.15%)安の1バレル=40.25ドル。12月物は0.07ドル安の40.51ドルとなった。
 ◆〔NY株式〕NYダウ続伸、358ドル高=ニューヨーク株式相場は、ハイテク株への買いが膨らむ中、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比358.52ドル高の2万7173.96ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は241.29ポイント高の1万0913.56で引けた。 

<今日の予定、注目材料> 
 ◆バージガソリン・灯油・軽油・中京ガソリン・中京灯油4月きり発会
 ◆G20エネルギー相会合、脱炭素化へ27日から議論スタート=20カ国・地域(G20)エネルギー担当相会合が27、28の両日、テレビ会議形式で開かれる。化石燃料から出る二酸化炭素(CO2)の排出を減らす脱炭素化について話し合う見通しだ。共同声明を取りまとめ、G20首脳会合の議論に反映させることを目指す。 
 ◆ CME円先物、ファンド筋の買い越し増=米商品先物取引委員会(CFTC)が25日発表した取組高報告(22日現在)によると、ファンド筋のCME円先物建玉の買い越しは2万9581枚となり、前週(2万2889枚)から増加した。ロングポジションは前週比8673枚増の5万9033枚、ショートポジションは1981枚増の2万9452枚だった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介