◎〔NY金〕4日ぶり反発(24日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/25 03:53
 【ニューヨーク時事】24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安に伴う売りなどが一巡し、4営業日ぶりに反発した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比8.50ドル(0.45%)高の1オンス=1876.90ドル。
 外国為替市場ではいったんドル高・ユーロ安基調が強まったものの、米新築住宅販売統計が予想外の大幅増加となったとをきっかけにドルの売り戻しが活発化。このため、ドル建てで取引される金塊の割高感が後退し、金相場は朝方の下げ幅を一掃した。
 金相場は前日までの3日間で5%近く値下がりし、清算値ベースで約2カ月ぶりの安値水準に下落。利益確定の売りが一服、売られ過ぎ感も浮上したもよう。
 ただ、新型コロナウイルス危機対応の米追加経済対策をめぐる与野党協議の難航で景気先行き不透明感が広がる中、市場の投資意欲の減退は金相場にも波及しており、上値は限られた。
 金塊現物相場は午後1時32分現在、10.285ドル高の1875.230ドル。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

52.2 47.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介