◎〔金利・債券市況〕先物、小じっかり=長期金利は0.010%(17日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/17 15:27
 債券先物は小じっかり。長期国債先物の中心限月2020年12月物は前日比06銭高の152円05銭で取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債359回債の利回りは、午前の取引開始直後に0.015%で約定し、午後に入って0.010%(前日比0.005%低下)へ下がっている。
 前日の海外市場で、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けて米長期金利が上昇したことなどを受け、先物はやや売り先行で始まった。午後に日経平均株価の下げ幅拡大などを眺めて小高くなったが、値動きは小幅にとどまった。
 現物債も「おおむね各ゾーンとも小動き」(銀行系証券)の展開。日銀の金融政策決定会合で現行の緩和政策が維持されたのは「事前の想定通り」(民間調査機関)で材料視されなかったものの、「(FOMCと日銀会合という)重要行事を通過した安心感からの取引」(前出の銀行系証券)が見られた。
 現物債利回りは、2年債が0.005%上昇のマイナス0・140%。5年債はマイナス0.115%、20年債が0.390%、30年債は0.585%でいずれも前日比0.005%低下。40年債は0.005%上昇の0.615%となっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

76.6 23.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介