◎〔NY外為〕円、105円近辺(16日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/17 06:17
 【ニューヨーク時事】16日のニューヨーク外国為替市場では、米ゼロ金利政策の長期化観測を背景に円買い・ドル売りが優勢となった流れが続き、円相場は1ドル=105円近辺に上昇した。午後5時現在は104円91銭〜105円01銭と、前日同時刻(105円39〜49銭)比48銭の円高・ドル安。
 米連邦準備制度理事会(FRB)による追加緩和策への期待などから朝方に円買い・ドル売りが加速。円は7月末以来約1カ月半ぶりに104円台後半に上昇した。8月の米小売売上高が前月比0.6%増と、市場予想(ロイター通信調べ)の1.0%増を下回ったこともドル売りを後押しした。
 FRBは午後、事実上のゼロ金利政策と量的緩和策の据え置きを発表。ゼロ金利を少なくとも2023年末まで維持する方針を示唆した。今年の経済成長率見通しがマイナス6.5%からマイナス3.7%に引き上げられたことなどを受けて、一時ドル買いに傾く場面があったものの、総じて円高・ドル安の流れが継続した。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1812〜1822ドル(前日午後5時は1.1841〜1851ドル)、対円では同123円93銭〜124円03銭(同124円87〜97銭)と94銭の円高・ユーロ安。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

41.7 58.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介