◎〔NY金〕3日続伸(16日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/17 03:32
 【ニューヨーク時事】16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金利政策発表に注目が集まる中で買われ、3日続伸した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比4.30ドル(0.22%)高の1オンス=1970.50ドル。
 FRBが金融緩和策を長期間維持するとの見方が、金利を生まない資産である金相場の支援材料となった。また、米商務省が朝方に発表した8月の小売売上高(季節調整済み)が前月比0.6%増と、市場予想(ロイター通信調べ)の1.0%増を下回ったことも安全資産とされる金買いを後押し。ただ、外国為替市場ではドルが対ユーロで強含みに推移し、ドル建てで取引される金に割高感が生じたため、次第に上値を削る展開となった。
 清算値確定後に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定は、ゼロ金利政策、量的緩和策とも据え置き。ゼロ金利を少なくとも2023年末まで維持することも示唆されたが、金相場への影響は限定的。
 金塊現物相場は午後2時5分現在、6.340ドル高の1963.585ドル。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.1 27.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介