◎〔ロンドン金属〕銅、2年ぶり高値寸前(15日午後5時現在)

配信元:時事通信社
投稿:2020/09/16 07:12
 15日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は軟調だった。ただ、最大の消費国・中国の製造業の力強い経済指標を背景に需要回復期待が強まり、約2年ぶりの高値寸前となっている。
 銅3カ月物は前日比同時点比0.5%安のトン当たり6762.50ドル。しかし、9月1日に付けた約2年2カ月ぶりの高値の6830ドルを視界に捉えている。
 ポジティブな気分は市場全体に充満しており、世界的に株高が進んだほか、人民元は対ドルで1年4カ月ぶりの高値に急伸。中国の買い手にとってはより買いやすい環境となった。
 キャピタル・エコノミクスのアナリスト、キーラン・クランシー氏は「中国の経済指標は産業用金属、とりわけ銅にとって非常に前向きだ」と指摘した。さらに、3月の直近の底値から50%以上回復し、投資家は中国の需要回復を大部分で織り込んでいるが、より緩やかなペースで上昇を続けるとの見方を示した。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.7 25.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介