ドル買い戻しが優勢 米雇用統計は予想上回るも、ペース鈍化に懸念も=NY為替前半

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/08/08 02:25
 きょうのNY為替市場はドル買いが優勢となり、ドル円も買い戻しが出ている。一時106円台に上昇する場面もみられた。この日は米雇用統計が発表になったが、非農業部門雇用者数(NFP)は176.3万人増と予想を上回った。失業率も10.2%に低下している。労働市場の改善を示す内容ではあったが、改善のペースが鈍化したことに懸念も示されている。米労働市場の回復基調を示唆したというよりも、7月は弱さを見せなかった程度との指摘も出ていた。

 トランプ大統領がきのう、国家安全保障上のリスクを理由に、TikTokを運営するバイトダンスと、WeChatを運営するテンセントとの取引を禁じる大統領令に署名したことで、米中対立への懸念が強まっている。また、米追加経済対策は依然として協議が難航しており、失業給付の上乗せで意見の隔たりが大きいようだ。

 米株や原油も上げが一服する中で、為替市場ではリスク回避的なドル買い戻しが入っているのかもしれない。ドル安に過熱感も出ており、夏休みシーズンに入る中での米雇用統計の通過で、ひとまずポジション調整が出ているものと思われる。ドル円については106円台に一時上昇したが、ドル安期待は根強く、上値での売り推奨の声も聞かれる。

 ユーロドルは戻り売りが優勢。米雇用統計の発表直後は買い戻しも見られていたが、直ぐに上値を抑えられたことで、逆に戻り売りを強めているようだ。1.18ドルちょうど付近の買いも吸収し、1.1760ドル近辺まで下げ幅を拡大した。

 先月からの急上昇でユーロドルはすでに過熱気味になっており、週足ベースでは先週までで6週間連続での陽線だった。過熱感を測るRSIも一時80台まで上昇するなど、かなり過熱感も出ている中、ここにきて買い疲れも出ているのかもしれない。もし、しばらく調整が続くとすれば、21日線の水準までの下落も想定される。その場合、1.16ドル台への下落の可能性もありそうだ。本日の21日線は1.1620ドル付近に来ている。ただ、米経済の回復に不透明感が出ていることや、米大統領選も混沌とする中で、ドルを強気で見ている向きは少なくなっており、ユーロドルの下値は買いの好機との見方も根強い。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

73.9 26.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介