◎〔NY金〕連日の最高値更新=一時節目の2000ドル突破(31日)

配信元:時事通信社
投稿:2020/08/01 02:59
 【ニューヨーク時事】週末31日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、世界的な景気回復の遅れなどを懸念して買われ、反発した。12月物の清算値(終値に相当)は前日比19.10ドル(0.97%)高の1オンス=1985.90ドルと、中心限月としては6営業日連続で史上最高値を塗り替えた。週間では4.66%高、月間では10.30%高。
 30日夜の外国為替市場で、ドルがユーロに対して軟化。これによりドル建てで取引される商品に割安感が生じ、金塊相場はプラス圏に切り返すと、31日未明には心理的な節目の2000ドルを突破して一時2005.40ドルの高値を付けた。
 その後も、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な景気不透明感の強まりを背景に、金塊は最高値圏で推移した。31日に発表された4〜6月期のユーロ圏実質GDP(域内総生産)速報値は前期比12.1%減と、米国に続いて過去最大の下げを記録。景気回復が想定よりも遅れるとの懸念が広がる中、金塊は「質への逃避先」として選好されやすく、上昇基調が続いている。
 金塊現物相場は午後1時31分現在、16.455ドル高の1970.410ドル。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

42.7 57.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介