◎〔ロンドン金属〕銅、反発=中国PMIで需要期待高まる(31日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2020/07/31 21:12
 【ロンドン・ロイター時事】欧州時間31日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反発。中国製造業購買担当者景況指数(PMI)が堅調だったことから、需要期待が高まった。
 LMEの銅3カ月物は、1040GMT(日本時間午後7時40分)時点で0.2%高の1トン=6440ドル。月間では7%高と、新型コロナウイルス感染拡大後の中国主導の需要回復に伴い、4カ月続伸の見込みになっている。
 7月の中国PMIは3月以来の高さとなり、5カ月連続で生産活動の拡大を示した。
 中銀国際のコモディティー(商品)市場ストラテジスト、シャオ・フー氏は、中国PMIの改善は続くと分析。「例年夏の数カ月間は季節的要因で取引が鈍化するものの、今年は企業が休業期間の穴埋めに向けてできる限り増産を図るため、例年とは状況が一変する」との見方を示した。
 ドル指数が2年ぶり安値に下落し、ドル建ての金属が割安になったことも相場を支援した。
 LMEアルミは0.4%高の1トン=1727ドル。月間では7%高となる見通しで、このまま推移すれば2018年4月以来の大幅高となる。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

60.1 39.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介