株価指数先物【引け後コメント】アドバンテスト急落が楽観打ち消す、CTAが本格的に動き出し先行き荒い値動きに

配信元:株探
投稿:2020/07/31 17:35

大証9月限
日経225先物 21760 -560 (-2.50%)
TOPIX先物 1496.5 -41.0 (-2.66%)

 日経225先物は、前日比560円安(-2.50%)の2万1760円で取引を終了。米国市場で不安定ながらもGAFA株への買いがみられたほか、決算を発表したアップルの時間外での上昇が支援材料となり、寄り付きは2万2300円とシカゴ先物清算値(2万2230円)を上回って始まった。

 しかし、寄り付きが高値となり、その後は急速に下押す展開。心理的な支持線として意識されていた2万2000円処ではいったん下げ渋る動きもみられたが、前引け間際にはナイトセッションで付けた安値(2万1950円)を割り込んだ辺りから一段安の展開となった。後場は日銀のETF買い入れによる需給面での下支え効果を期待する流れは限られ、その後も下落基調が続き、大引け間際には2万1680円まで下げ幅を広げる場面もみられた。

 アップルの決算を受けてグローベックスのNYダウ先物は底堅い値動きをみせている。しかし、国内では決算発表が本格化している中、アドバンテスト <6857> の「今期最終赤字見込み」がハイテクセクターに対する楽観を打ち消し、先行き不透明感を強める形となった。ショート筋にとっては売り安心感につながっている。

 目先的には6月15日の大陰線を形成した安値(2万1330円)とのダブルボトム形成が意識されてくることになりそうだ。来週にはレーザーテック <6920> の決算発表が予定されているが、利食いに向かわせる内容となるようだと、一段とハイテク株への利益確定の流れが強まり、下へのバイアスが強まることが警戒される。

 なお、手口面では、日経225先物はクレディスイスが2850枚、シティが1540枚、野村が1370枚程度の売り越し。クレディスイスの商いはCTA経由とみられていることもあり、CTAの売りが本格化してきたことになる。対してABNアムロが3080枚程度買い越しており、ショートカバーといったところだろう。TOPIX先物はゴールドマンが4080枚、JPモルガンが3350枚程度の売り越し。一方で大和が5540枚程度買い越しており、日銀のETF買い入れに絡んだ売買だろう。大幅下落に対する自律反発は意識されやすいが、CTAが本格的に動き出してくるようだと、先行き荒い値動きになりそうだ。

株探ニュース
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
5,450.0
(08/06)
-160.0
(-2.85%)
9,170.0
(08/06)
-240.0
(-2.55%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

53.2 46.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介