欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米国経済に不透明感も株高なら下げ抑制

配信元:フィスコ
投稿:2020/07/31 17:25
31日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。新型コロナウイルスの影響で米国経済の低迷が顕著となり、ドル売り基調が強まる見通し。ただ、NY株式市場では一部が持ちこたえており、ドル売りを弱める可能性もあろう。

注目された米国の4-6月期国内総生産(GDP)は前期比年率—32.9%と、空前の落ち込みを記録。コロナ禍で米国経済の先行きに不透明感が広がり、前日の取引ではドル売り優勢の展開となった。同時にドルの受け皿としてユーロへの買いが強まり、ユーロ・ドルの上昇が加速している。本日アジア市場でもその流れが受け継がれ、ユーロ・ドルは一時1.19ドル台を付け、心理的節目の1.20ドルが射程圏内に。一方、米国経済の低迷で日本経済への影響が懸念され、日経平均株価の下げ幅拡大を背景にドル・円は104円前半に下げる場面もあった。

この後の海外市場でも、米回復期待の後退に伴いドル売り基調が予想される。ただ、本日はユーロ圏の景況感もクローズアップされる。前日のドイツGDPは予想外に悪化し、本日のユーロ圏GDPは市場予想の前年比-14.5%からさらに落ち込む可能性もあろう。その際には、月末のフローが加わり足元のユーロ買い・ドル売りを巻き戻す動きに警戒したい。他方、NY株式市場では、ハイテク株比率の高いナスダックが上昇基調を維持している。有力企業の決算発表が集中するなか業績期待の買いも観測され、ドルの極端な下げは回避されるとみる。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP速報値(前年比予想:-14.5%、1-3月期:-3.1%)
・18:00 ユーロ圏・7月消費者物価指数(前年比予想:+0.2%、6月:+0.3%)
・21:00 南ア・6月貿易収支(予想:+100億ランド、5月:+159億ランド)
・21:30 米・6月個人所得(前月比予想:-0.7%、5月:-4.2%)
・21:30 米・6月個人消費支出(前月比予想:+5.3%、5月:+8.2%)
・21:30 米・6月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.0%、5月:+1.0%)
・21:30 米・4-6月期雇用コスト指数(前期比予想:+0.6%、1-3月期:+0.8%)
・21:30 カナダ・5月GDP(前月比予想:+3.5%、4月:-11.6%)
・22:45 米・7月シカゴ購買部協会景気指数(予想:44.0、6月:36.6)
・23:00 米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:72.9、速報値:73.2)



<FA>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.5 22.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介