東京株式(大引け)=629円安と大幅に6日続落、新型コロナ感染拡大を懸念

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/07/31 15:42
東京株式(大引け)=629円安と大幅に6日続落、新型コロナ感染拡大を懸念  31日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に6日続落。新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する売りが膨らみ、約1カ月ぶりに2万2000円台を割り込んだ。

 大引けの日経平均株価は前日比629円23銭安の2万1710円00銭。東証1部の売買高概算は16億7899万株。売買代金概算は2兆7815億2500万円となった。値上がり銘柄数は134と全体の約6%、値下がり銘柄数は2032、変わらずは7銘柄だった。

 30日の米株式市場では、NYダウが前日比225ドル安と反落。米4~6月期国内総生産(GDP)が、前期比年率32.9%減と過去最大の減少となったことなどが警戒された。これを受けた、この日の東京市場は売り先行でスタート。特に、昼過ぎに東京都の新型コロナの新規感染者数は460人超と過去最高となったと伝わると日経平均の下げ幅は拡大し、600円を超す下落となった。33業種全てが下落する全面安だった。為替はリスク回避姿勢が強まるなか、一時1ドル=104円10銭台と円高が進行した。

 個別銘柄ではソフトバンクグループ<9984.T>やファーストリテイリング<9983.T>が安く、任天堂<7974.T>やソニー<6758.T>、レーザーテック<6920.T>、キーエンス<6861.T>といった値がさ株が売られた。今期業績予想が市場見通しを下回ったアドバンテスト<6857.T>がストップ安となったほか、決算発表を受けパナソニック<6752.T>やコマツ<6301.T>が売られた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>やトヨタ自動車<7203.T>、資生堂<4911.T>が値を下げた。

 半面、東京エレクトロン<8035.T>やTDK<6762.T>、アンリツ<6754.T>が高く、富士通<6702.T>やZホールディングス<4689.T>が値を上げた。味の素<2802.T>やカルビー<2229.T>が買われた。アンジェス<4563.T>やプレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>が急伸した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
22,418.15
(08/06)
-96.69
(-0.43%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

52.0 48.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介