マーケット雑感】TOPIXは6/15の安値を切れた◆あすなろ投資顧問CEO 大石やすし◆

投稿:2020/07/31 13:46

TOPIXは6/15の安値を切れた

前場の日経平均株価は下げ幅を拡大し、2万2000円を割り込みました。取引時間中に2万2000円を割り込むのは6月29日以来、1カ月ぶりとなりました。

昨日30日の弱い地合いが継続し売り優勢。その後も為替市場でドル・円相場が円高方向にあることから、弱い動きです。

TOPIXに関しては6/15の安値1530ポイントを下回り、現在1515ポイントまで売られています。

TOPIXは時価総額の大きな、日本たばこ産業、セブン&アイHD、東海・東旅客鉄道、三菱商事、などが安値圏で推移しています。

日経平均は比較的高値圏にいるユニクロやソフトバンク、ファナックで支えられている部分が有りました。

今後は、日経平均が6/15の安値21529円を維持できるかがポイントです。

本日は東京のコロナの感染者数の増加やNYダウの下落で投資家心理の悪化で売り先行となりましたが、6月以降続く23000円と21500円のレンジ相場の中に位置しています。

もみあい相場は放れた方につけ!の格言のようにどちらに動いてもいいように準備しておくことが大事です。

大石やすし
AI保有のフィンテック企業あすなろ投資顧問 CEO
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.7 41.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介