◎〔ロンドン金属〕銅、上昇=供給懸念で購買意欲高まる(13日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2020/07/13 20:21
 【ロンドン・ロイター時事】欧州時間13日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。2年ぶりの高値を付けた。世界最大の生産国チリでのストライキに向けた動きと供給への懸念が強まったほか、中国で銅の主要生産地域が洪水に見舞われたことで、銅の購買意欲が高まった。
 LMEの銅3カ月物は0945GMT(日本時間午後6時45分)時点で、1.9%高の1トン=6553ドル。一時2018年6月以来の高値となる6633ドルまで買われた。今年3月に4年ぶり安値を付けて以来、50%超上昇した。
 INGのアナリストは「チリ産銅大手アントファガスタのザルディバール鉱山の従業員がストライキの実施に賛成した。新型コロナウイルス感染拡大で混乱が起きているチリ銅公団(コデルコ)にとっては追い風になる」と話した。また「アントファガスタのセンチネラ鉱山は近々、会社の提示した賃金を受け入れるかストライキに入るかを投票で決める。これは銅の新たなアップサイドリスクだ」と強調した。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

44.7 55.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介