NY原油:反落、在庫調整進展で押し目買い興味残る

配信元:フィスコ
投稿:2020/05/23 07:12
NYMEX原油7月限終値:33.25 ↓0.67

22日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前営業日比-0.67ドルの1バレル=33.25ドルで取引を終えた。取引レンジは30.72ドル−34.00ドル。22日のアジア市場で34.00ドルから一時30.72ドルまで急落したが、まもなく反発。米中関係の悪化を巡ってポジション調整的な売りが優勢となった。在庫調整は進展していることから、押し目買いの興味は残されているようだ。通常取引終了後の時間外取引で33.57ドルまで戻す場面があった。

<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

70.3 29.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介