エヌビディアが反発 データセンター部門が好調のほかゲーム部門の需要も急増=米国株個別

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/05/22 23:08
 グラフィック用半導体のエヌビディアが反発。2-4月期決算を発表しており、売上高は予想の範囲内だったものの、1株利益は予想を上回った。ネットインフラへの投資が急拡大し、データセンター部門が好調だったことや、ゲーム部門の需要も急増した。四半期配当は維持している。

 また、5-7月期の見通しも公表しており、予想を上回る売上高を見込んでいる。買収したメラノックスの売上高への寄与は10%台前半の見込み。外出が控えられ、オンラインでの活動が活発化している中、データセンターは半導体や他の部品の購入を増やしている。
 
 今回の決算を受けて目標株価を引き上げるアナリストも相次いだ。

(2-4月・第1四半期)
・1株利益(調整後):1.80ドル(予想:1.69ドル)
・売上高:30.8億ドル(予想:30億ドル)
・粗利益率(調整後):65.8%(予想:65.4%)

(5-7月・第2四半期見通し)
・売上高:36.5億ドル±2%(予想:32.8億ドル)

(NY時間09:55)
エヌビディア 358.75(+7.74 +2.21%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.4 30.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介