東京株式(大引け)=1円高と5日ぶりに小反発、引けにかけ値を戻す

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/04/03 15:45
東京株式(大引け)=1円高と5日ぶりに小反発、引けにかけ値を戻す  3日の東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに小幅反発。引けにかけ先物主導で買い戻しが入ったとみられている。

 大引けの日経平均株価は前日比1円47銭高の1万7820円19銭。東証1部の売買高概算は14億9911万株。売買代金概算は2兆3669億8200万円となった。値上がり銘柄数は467と全体の約22%、値下がり銘柄数は1653、変わらずは48銘柄だった。

 前日の米株式市場では、原油価格の上昇を受けNYダウが前日比469ドル高と急伸した。これを受けた、東京株式市場も朝方は買い優勢の展開となり、上昇幅は200円を超し、1万8000円を回復する場面があった。買い一巡後は後場に入り売りに押される展開。東京を中心とする新型コロナウイルスの感染拡大が警戒された。ただ、引けにかけ買いが流入し、結局1円高とプラス圏で取引を終えた。先物中心に買い戻しが入ったとみられている。

 個別銘柄では、任天堂<7974.T>やファーストリテイリング<9983.T>が高く、東京エレクトロン<8035.T>やキーエンス<6861.T>が値を上げた。新型コロナ治療薬として期待される「アビガン」に対する原料供給でデンカ<4061.T>が急騰。富士フイルムホールディングス<4901.T>も高い。原油価格の上昇で国際石油開発帝石<1605.T>や石油資源開発<1662.T>が買われた。東証2部から1部へ復帰する申請を行った東芝<6502.T>が上昇した。

 半面、ソフトバンクグループ<9984.T>やソニー<6758.T>、リクルートホールディングス<6098.T>が安く、トヨタ自動車<7203.T>やSUBARU<7270.T>など自動車株が値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>など銀行株も軟調。三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>が売られた。テレワーク関連のブイキューブ<3681.T>や遠隔医療のMRT<6034.T>が安く、鳥貴族<3193.T>やひらまつ<2764.T>など居酒屋、飲食店関連株も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
21,877.89
(05/29)
-38.42
(-0.18%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.7 27.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介