米PMIが弱くドル円に戻り売り ただ、ドル安で円高ではない=NY為替概況

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/02/22 06:57
 きょうのNY為替市場はドル安が強まり、ドル円は戻り売りを強めた。この日発表のマークイットの米PMIが49.6と景気判断の分岐点である50を下回り、2013年以来の低水準に低下したことが嫌気されている。この発表を受け、米30年債利回りが過去最低水準に低下。弱い米企業景況感指標で、市場はウイルス感染の米企業への影響に改めて警戒感を強めた模様。

 これを受けて米利下げ期待が市場に広がり、CMEがFF金利先物の取引から算出しているFEDウォッチでは、年内の0.5%の利下げを織り込む動きも見られていた。直近の米地区連銀総裁は年内の据え置きに言及している総裁が多いが、一方で状況が変化すれば、利下げの選択肢にも言及している。

 ただ、クロス円は上昇。米株は売りが強まっていたが、円安は続いている。先日発表の10-12月の日本のGDPは消費税増税の影響で大幅なマイナス成長となり、コロナウイルス感染の影響も拡大している。今後の影響が危惧される中、オリンピックをが開催できるのかといった声も出始めている状況。度重なる悪材料に、日本経済への不安感が素直に円売りを誘っているとの指摘も出ている。ドル円の下げはあくまでドル安であり円高ではなさそうだ。 

 ユーロドルは買い戻しを加速させ、一時1.0865ドル付近まで上昇。ロンドン時間にドイツやユーロ圏のPMI速報値が発表になっていたが、予想ほど弱くはなかったことでユーロ買いの反応も見られていた。ただ、上値抵抗も根強く、強いレジスタンスとなっていた1.0820ドル水準に上値を拒まれていた。しかし、NY時間に入ってその水準を突破し、ショートカバーを活発化させたようだ。

 ユーロドルは今年に入って下げが続き、2月に入るとその動きは加速している。ウイルス感染による中国経済の低迷が、ユーロ圏にも影響するとの見方が強く、また、今年も米経済が1人勝ちとの見方によるドル買いのカウンターとしてユーロは対ドルで売りが強まっていた。その過程でさすがに下げ過ぎ感も強まっていたこともあり、きょうは買い戻しを強めている。きょうの反転が、リバウンド相場の足掛かりとなるか、来週以降の動きが注目される。

 ポンドドルも買い戻しが強まった。ロンドン時間には1.28ドル台に下落していたが、NY時間に入って1.2980ドル近辺まで買い戻される場面も見られた。反応は限定的だったが、この日発表の英PMIは製造業が景気判断の分岐点となっている50を回復するなど好調な内容となった。1-3月のGDPが前期比0.3%増を期待させる内容となっている。

 3月に発表される予算案への期待感もあり、12月の総選挙以来の回復が続いている印象だが、一部からは、回復の動きは一時的で英中銀は年内に計0.75%の利下げを実施し、ゼロ金利に持って行くとの見方も出ている。中国のコロナウイルス感染の影響が、英景気回復の不確実性を高めると見ているようだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.1 24.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介