来週の株式相場戦略=2万4000円台維持が焦点に、日本電産の決算などに注目

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/01/17 17:37
来週の株式相場戦略=2万4000円台維持が焦点に、日本電産の決算などに注目  来週の日経平均株価は、2万4000円台の維持と値固めができるかが焦点となりそうだ。予想レンジは2万3700~2万4300円。

 今週の日経平均株価は2万4000円台を回復。一時、昨年12月17日の終値ベース高値2万4066円を更新する場面があった。米中交渉の「第1段階の合意」が署名されたほか、米国で堅調な経済指標が発表されたこともありNYダウは連日で最高値を更新。この流れに乗る格好で日経平均株価は上昇基調を強めた

 ただ、3万ドル乗せも視野に入ったNYダウに比べ、日経平均株価の上昇ピッチはやや鈍いとの見方もある。これは「昨年秋からの上昇では日経平均株価は海外市場をアウトパフォームしていたことから、足もとでは利益確定売りが出やすい」(アナリスト)ことが挙げられる。また、「製造業の比率が高い日本株は、中国景気の底打ちが見えないと本格的に上値は買い上がりにくい」(市場関係者)との声もある。

 とは言え、日経平均株価の2万4000円台はバリュエーション的に割高感がなく、昨年高値の更新はもちろんのこと、18年10月のバブル崩壊後の高値(2万2470円)更新はいつあってもおかしくない状況にある。

 日本株上昇のカタリスト(触媒)になるとみられているのは、1月下旬から本格化する決算発表だ。まずは23日の日本電産<6594.T>の決算内容が注目されている。また、市場では富士通<6702.T>や伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>などDX(デジタルトランスフォーメーション)投資関連の有力株の動向などが関心を集めている。

 来週は、イベント的にはやや端境期となるが、米国企業決算への注目度が高い。21日にネットフリックス、22日にテキサス・インスツルメンツ、23日にインテルが決算を発表する。オランダの半導体製造装置メーカーASMLが22日に発表する決算への関心も高い。20~21日に日銀金融政策決定会合が開催されるが、政策は現状維持が予想されている。23日には欧州中央銀行(ECB)理事会が開催される。24~30日にかけて、中国市場は春節の休場となる。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
18,950.18
(04/07)
+373.88
(+2.01%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介