◎〔米株式〕NYダウ、取引時間中の史上最高値更新(14日午前11時20分)

配信元:時事通信社
投稿:2020/01/15 01:45
 【ニューヨーク時事】14日午前のニューヨーク株式相場は、好決算銘柄が買い進まれ、朝方のもみ合いから続伸に転じている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時取引時間中の史上最高値を更新し、午前11時20分現在は前日終値比98.54ドル高の2万9005.59ドルとなっている。ハイテク株中心のナスダック総合指数は14.86ポイント安の9259.07。
 JPモルガン・チェースが14日朝発表した2019年10〜12月期決算は、純利益が前年同期比20.6%増の85億2000万ドルとなった。1株当たり利益も2.57ドルと、市場予想を上回った。米航空大手のデルタ航空10〜12月期決算も、増収増益となった。好決算銘柄が全体の上昇をけん引している。
 一方、ウェルズ・ファーゴの10〜12月期決算は大幅減益で、1株当たり利益が予想を下回ったことが嫌気され、同銘柄は3.8%下落している。調査会社リフィニティブによると、S&P500種株価指数を構成する主要500社の2019年10〜12月期の純利益は前年同期比0.7%減となる見込み。
 一方、米労働省が朝方に発表した2019年12月の消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比0.2%上昇。変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.1%上昇と、それぞれ市場予想を下回った。
 個別銘柄では、デルタが3.9%高、JPモルガンは2.2%高、ファイザーは1.2%高、ボーイングも1.1%高。一方、エクソンモービルやシェブロンが安い。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.6 20.4
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介