【売り】パナソニック(6752)反動安に注意=フェアトレード西村剛

著者:西村剛
投稿:2020/01/14 23:44

■注目銘柄:【売り】パナソニック(6752)

■注目理由
10月31日に第2四半期決算を発表。中国での景気減速などの影響から車載関連やテレビなどの販売が伸び悩み減収減益となったが、住宅関連が堅調に推移したことなどから市場予想を上回って着地した。一方、同社株は9月以降に20%以上も上昇した。短期的には過熱感が出てくるとも考えられる。反動安に気をつけたい。

■テクニカル分析
1月14日は前日比+1.68%の1058.5円で引けた。直近上昇が続いていたため過熱感が出てきたと考えられる。昨年9月以降だけで20%以上も値上がりしている。これまで大きく上昇しただけに、反動安の可能性に気をつけたい。

■事業概要
大手家電メーカー。時価総額約2兆6000億円。PER約12倍 PBR約1.3倍

■足もとの業績
直近発表の2020年3月期第2四半期決算では、売上高3兆8444億24百万円(前年同期比-4.1%)、営業利益1402億92百万円(同-28.1%)、純利益1009億19百万円(同-11.2%)となっている。
西村剛
フェアトレード株式会社 代表取締役
配信元: 達人の予想

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,116.0
(01/23)
-3.5
(-0.31%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.5 20.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介