ソニーは頑強な値運びで異彩放つ、先物主導の売り圧力も実需買いで下げ渋る◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/01/08 11:36
ソニーは頑強な値運びで異彩放つ、先物主導の売り圧力も実需買いで下げ渋る◇  ソニー<6758.T>は朝方に下値を探ったものの、そこから立ち直り下げ幅を大幅に縮小、前日終値をあと一歩で上回る水準まで切り返す強さをみせた。きょうはイランによる米軍駐留基地攻撃の報道を受けて、全体相場は先物主導で波乱安に見舞われたが、同社株は個別にファンド筋とみられる実需の買いが観測され、新高値近辺で底堅さを発揮している。前日は全上場企業のなかで売買代金トップとなったが、きょうもソフトバンクグループ<9984.T>に次ぐ2位に入っており、マーケットの注目度が高い。スマートフォン向けイメージセンサーの成長性が高評価されているほか、半導体市況の底入れ期待も追い風。更に、7日から開催されている世界最大のデジタル技術見本市「CES」に先立って、同社の自動運転システムを搭載した試作車を発表、2020年度に公道での走行実験を目指す方針で、これが株価にインパクトを与える格好となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
6758
7,950.0
(01/23)
-9.0
(-0.11%)
4,769.0
(01/23)
-115.0
(-2.35%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.3 20.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介