東京株式(大引け)=54円高と小幅続伸、経済対策関連株が人気化

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/12/06 15:32
東京株式(大引け)=54円高と小幅続伸、経済対策関連株が人気化  6日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸。建設株など経済対策関連株が人気化したが、米中通商協議などの先行き不透明感で様子見姿勢も強まった。

 大引けの日経平均株価は前日比54円31銭高の2万3354円40銭。東証1部の売買高概算は10億5492万株。売買代金概算は1兆7909億円と3日ぶりに2兆円を割り込んだ。値上がり銘柄数は1308と全体の61%、値下がり銘柄数は737、変わらずは112銘柄だった。

 前日に26兆円規模の経済対策が閣議決定されたことが好感され、大手建設株などが賑わった。証券や鉄鋼やガラス・土石など内需系株が堅調な動きとなった。日経平均は前場には、一時100円を超える上昇となる場面もあったが、後場は様子姿勢が強まり膠着状態が続いた。15日の米国による対中関税発動が近づくなか、積極的な売買は手控える動きが強まった。今晩は米11月雇用統計の発表があることも様子見要因となった。このなか、日経ジャスダック平均は11連騰と中小型株への見直し買いが継続した。

 個別銘柄では、経済対策関連株に人気が集まり大成建設<1801.T>や大林組<1802.T>、鹿島<1812.T>といった大手建設株が高く、NIPPO<1881.T>や日本道路<1884.T>など道路株、横河ブリッジホールディングス<5911.T>や宮地エンジニアリンググループ<3431.T>など橋梁株が買われた。日本製鉄<5401.T>など鉄鋼株や太平洋セメント<5233.T>などセメント株も値を上げた。アルツハイマー薬への期待でエーザイ<4523.T>が急伸。野村ホールディングス<8604.T>など証券株も堅調だった。日本一ソフトウェア<3851.T>やレアジョブ<6096.T>も値を飛ばした。

 半面、ソニー<6758.T>やトヨタ自動車<7203.T>、日産自動車<7201.T>が軟調。武田薬品工業<4502.T>や第一三共<4568.T>、三菱商事<8058.T>も値を下げた。パナソニック<6752.T>やファナック<6954.T>、オリエンタルランド<4661.T>も下落した。ニチコン<6996.T>や神東塗料<4615.T>が急落した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
23,827.18
(01/24)
+31.74
(+0.13%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

33.3 66.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介