◎〔金利・債券市況〕先物、下落=長期金利はマイナス0.025%(5日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2019/12/05 11:35
 債券先物は下落。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比12銭安の152円61銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債利回りは0.015%上昇のマイナス0.025%となっている。
 前日の米国市場は、米中通商交渉の進展期待からリスクを取る動きが広がり、軟調に推移。その流れを受けて東京市場も下落して始まったが、午後の30年債入札の結果を控えて値動きは乏しかった。
 米国時間帯に、米中貿易に関する発言に市場が振り回される状況が続いており、市場関係者は「リスクが取りにくい環境だ」(外資系証券)と指摘した。
 現物利回りは2年債が0.010%上昇のマイナス0.150%、5年債は0.015%上昇のマイナス0.135%、20年債は0.005%上昇の0.275%、30年債は0.005%上昇の0.435%、40年債は0.005%上昇の0.465%(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.3 30.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介