◎〔東京エネルギー〕中東産原油、WTI高受け4日ぶり反発=電力は西で約定(5日)

配信元:時事通信社
投稿:2019/12/05 08:55
 中東産(ドバイ)原油は4営業日ぶりに反発。終値は、中心限月2020年5月先ぎりが前日比860円高の3万9430円、他限月は970〜1110円高。日中立ち会いは、前日のニューヨーク原油(WTI)相場が米原油在庫減や産油国による協調減産の拡大期待を背景に大幅続伸したのを受け、急反発して始まった。その後は、石油輸出国機構(OPEC)総会を控えて様子見ムードが広がる中、利益確定売りが出て伸び悩んだ。
 石油製品(バージ)は原油に追随高。ガソリンが940〜1090円高、灯油は910〜1020円高。
 中京石油(ローリー)は、ガソリンの20年1、3月きりが250〜500円高。灯油の期近2限月が900〜1100円高。
 電力は、西エリアのベースロード12月当ぎりが13銭高の8円30銭で約定した。出来高は2枚。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.3 30.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介