NY為替:米中貿易交渉の見通し改善でリスクオン

配信元:フィスコ
投稿:2019/12/05 07:26
4日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円56銭から108円96銭まで上昇し、108円88銭で引けた。米11月ADP雇用統計が予想外の減少となったことからドル売りが一時強まったものの、関係筋の話として米中通商協議は部分合意成立に向けて引き続き順調に進んでいるとの報じられると、投資家心理が改善。株高や米債利回りの上昇でドル買い・円売りが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1116ドルまで上昇後、1.1067ドルまで反落して1.1079ドルで引けた。ユーロ・円は、120円37銭から120円81銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.3086ドルから1.3120ドルまで上昇した。英国の総選挙で与党勝利を織り込むポンド買いが強まった。ドル・スイスは、0.9864フランまで下落後、0.9900フランまで上昇した。

<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.8 16.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介