リボミックがRBM-007の滲出型加齢黄斑変性を対象とした第2相臨床試験を開始

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/12/04 16:03
 リボミック<4591.T>がこの日の取引終了後、同社が創製したアプタマー医薬候補品RBM-007(抗FGF2アプタマー)について、滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性を対象とした第2相臨床試験が米国で開始されたと発表した。

 同臨床試験は、RBM-007硝子体内注射の単剤投与群、アイリーア(アフリベルセプト)硝子体内注射との併用投与群、及びアイリーア硝子体内注射の単剤投与群との間で、有効性と安全性を比較評価する無作為化二重盲検試験という。なお、同件による20年3月期業績への影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
534.0
(11:12)
-4.0
(-0.74%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.1 19.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介