◎〔金利・債券市況〕先物、上げ幅縮小=長期金利はマイナス0.040%(4日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2019/12/04 11:33
 債券先物は朝高後、上げ幅を縮小した。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比18銭高の152円72銭で午前の取引を終了。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債の利回りは0.015%低下のマイナス0.040%となっている。
 前日の米市場で株安・債券高となった流れを受け、先物は朝方に一時153円06銭まで上昇。その後は5日の30年債入札に向けた調整もあり、買いの勢いは鈍った。「先物の限月交代に向けた取引も入るのでしばらく値動きは荒くなる」(大手証券)との見方も出ている。
 現物利回りは、2年債が0.005%低下のマイナス0.160%、5年債が0.015%低下のマイナス0.150%、20年債が0.020%低下の0.270%、30年債が0.015%低下の0.425%となっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.6 19.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介