◎〔米株式〕NYダウ、もみ合い=一時史上最高値更新(19日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2019/11/20 00:25
 【ニューヨーク時事】19日午前のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の行方に引き続き注目が集まる中、もみ合いとなっている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は寄り付き直後に3営業日連続で取引時間中の史上最高値を更新し、午前10時現在は前日終値比30.81ドル安の2万8005.41ドルとなった。ハイテク株中心のナスダック総合指数も3日連続で最高値を塗り替え、同時刻現在は7.67ポイント高の8557.61で推移している。
 米商務省は18日、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)への禁輸制裁に関し、一部取引を猶予する例外措置を再度3カ月延長すると発表。貿易協議「第1段階の合意」署名に向けた交渉は長引いているものの、12月15日の対中追加関税「第4弾」の発動までにはまとまるのではないかとの期待感を支えに、米主要株価指数は最高値の更新を続けている。
 また、朝方発表された10月の米住宅着工件数が2カ月ぶりに増加し、先行指標である住宅着工許可件数が市場予想を上回ったことも強材料。
 個別銘柄を見ると、2019年8〜10月期決算を発表したホーム・デポが4.7%下落。インターネット通販などへの投資効果の遅れから減益となり、通期の売上高見通しを引き下げたことが失望された。同じく決算を発表したコールズも16.4%安。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.1 19.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介