新日本科学がS高、前臨床稼働率想定上回り20年3月期営業利益予想を上方修正

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/11 09:35
新日本科学がS高、前臨床稼働率想定上回り20年3月期営業利益予想を上方修正  新日本科学<2395.T>がストップ高の725円に買われている。前週末8日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、営業利益を15億円から18億円(前期比2.2倍)へ、純利益を12億5000万円から14億円(同28.2%減)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は従来予想の144億6800万円(同7.6%減)を据え置いたものの、豊富な受注残高を背景に、国内前臨床の稼働率が想定を上回っていることに加えて、同事業で業務効率化と経費節減が効果的に実行できていることが貢献するとしている。

 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高63億8900万円(前年同期比28.1%減)、営業利益10億7800万円(前年同期1億3700万円の赤字)、純利益8億7700万円(同3.8%減)だった。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
756.0
(15:00)
-13.0
(-1.69%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.6 22.4
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介